ロレックスの買取に関する情報を発信していきます。

こんにちはm(_ _)m

石川県金沢市に住む、アラフォーの広樹と言います。

サラリーマンを4年前に辞めて、今は小さいながらも自分で輸入業の会社を経営しています。今の所、どうにか順調です。

ところで、僕の趣味は時計。それもロレックスを集めることです。仕事柄海外の高級時計に接する機会も多いのですが、それよりも僕個人が、ロレックスに魅了されていることが趣味としてコレクションしているいちばんの理由です。

中でもお気に入りは、ロレックスのデイトナです。デイトナと言ってもかなり範囲が広いので、ちょっとデイトナについて語らせてもらいます。

ロレックスデイトナシリーズは、1963年頃に誕生。当初の正式名称は、「オイスターパーペチュアル・コスモグラフ・デイトナ」で、これは、コスモという単語からもわかるように人類の宇宙への挑戦とスピードへの挑戦に触発され、誕生したことを意味しています。
今では、ロレックスのデイトナと言えば、ロレックスの代表的なスポーツモデルとして、高い人気があります。

デイトナの特徴的な機能のひとつに、クロノグラフというものがあります。これはクロノグラフという「ストップウォッチ」機構のことです。モータースポーツには不可欠な機構です。

デジタルウォッチなら当たり前の機能として存在するストップウォッチですが、ロレックスのような機械式時計の場合ですと、簡単には作れません。非常に繊細な部品が数多くあり、また正確なタイミングが求められますから。

第四世代であるRef.16520では自動巻になりましたが、初期のころは手巻きでした。

また、デイトナの機能の中では、タキメーターも特徴的です。これはベゼルに記載されている目盛りです。

これもスポーツには欠かせません。
タキメーターの歴史は、これまでに何度かモデルによって変更されており、レーシングカーの進化とともに歩んできています。

ところで、ロレックスのデイトナですが、中古品でも非常に高価です。たとえば、デイトナ 1stモデルの相場は、デイトナ Ref.6241で、買取価格で、350~400万円くらいは軽くします。買取価格ですから、小売価格になると600~700万円くらいになります。

このようにロレックスはコレクションしているだけでも、投資品として非常に価値の高い時計なのです。

僕の場合、今までに何度もロレックスを買取してもらっています。店頭に持ち込んだこともありますし、今ならネットで簡単にできる宅配買取サービスを使ってみたこともあります。

昔では考えられませんが、今はPCで調べたら、ロレックスなど時計の買取業者が意外にも多いことが判明しました。

僕のような経験者でも、その中からどこの業者を選んだらいいのかは、正直迷います。ですので、はじめての方などは何にポイントを置いて業者を決めるべきなのか悩んでしまうと思います。

高級時計の買取価格に関しては、連日相場が動きますので、暴落することもあると考えるべきなのですが、最近の場合は中国の買占めが起因となって相場が上がっていますので、タイミングによっては一気に売るというのもいいと思います。

ロレックスなどは身内から譲り受けたという方も多いと思いますし、何かのプレゼントでもらったというケースも多いかと思います。

ですので、「私にはいらないものだけど、この先も使える」と観点でロレックスを売買されるという人もいらっしゃいます。

ただ、初心者がいきなり持ち込んでも、正直安く買い叩かれるのがオチですので、安易に売るのは避けた方が賢明でしょう。

ロレックスをはじめとした高級時計を買取してもらうには、「ロレックス 買取 金沢市」などの基礎的な知識が必要ですので、そのあたりをこのサイトで紹介していきたいと思っています。

買取業者がたくさんあるほどにどこに依頼するのが正しいのか悩んでしまうことでしょうから、なんらかのお役に立てればと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ